生命保険の選び方はそれぞれの特徴を知る

終身保険は万が一の備えと貯蓄目的に最適

人は誰でも死にます。どれだけ元気な人でも死にます。人が死ぬと、その人の家族が残されます。必ずしも残された人が困るかどうかはわかりませんが、困ると想定していろいろな準備をするかもしれません。生命保険の選び方としては、終身保険を選ぶことがあるかもしれません。特徴は終身の保障が受けられ、必ず何らかの給付が受けられます。人は必ず死ぬので、残された遺族に何らかの給付がされます。掛け捨てにならない部分が注目されていますが、実際には別の目的に注目した方がいいとされます。それは貯蓄目的です。老後のために生活費を貯蓄するでしょうが、定期預金などでは万が一に備えられません。終身保険は、万が一の時は一定の給付金が受けられ、老後に解約をすれば解約返戻金が受けられます。定期預金よりも利回りがいいものもあります。

できるだけ安く一定期間はいるなら定期保険

生命保険に加入する時には、毎月の保険料を支払います。この時、全く同じ保障額なのに終身保険と定期保険では保険料が大きく異なります。それは、保険の中身が異なるからです。定期保険は、万が一の時に給付される保険機能のみです。期間が終了すれば何ももらえません。終身保険にも万が一の部分がありますが、それ以外に必ず支払いをするための積立部分があります。そのための終身保険は保険料が高めに設定されています。貯蓄は不要で、できるだけ安く万が一に備えたい、一定期間だけ保障を増やしたいときの選び方として、定期保険があります。入り方は、定期保険をどんどん更新して入り続ける方法もありますし、終身保険に別途入っていて、一時的に保障を増やしたいときだけ加入をして満期と同時に終了する方法もあります。

定期保険よりも安く見直しの不要な保険

生命保険の定期保険は、5年や10年などの定期で加入をします。満期が来ると更新ができ、そのままの契約で更新したり見直しをしたりできます。年齢が上がると保険料も上がるので、保障額を減らさないと保険料も高くなるので注意しないといけません。保険に入るときの選び方として、定期保険よりも安くて見直しなどがあまり必要のないタイプが登場しています。一つは逓減型の保険で、将来的にどんどん受ける額が減るようになっています。保障額は通常どんどん減りますが通常は自分で減らさないといけません。商品として、自動的に減る仕組みになっています。その他に収入保障保険があります。こちらは、亡くなったときから一定期間の収入を保障する給付になります。早く亡くなれば給付額も多くなり、満期近くで亡くなれば給付額は少なくなります。

ピックアップ記事一覧